努力する方法、努力と成果のグラフ

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、交流分析士インストラクター



(★昔、ブログで書いた内容をこちらにも掲載します)

 

懸命な皆様でしたら
すでに目標に向かって
進まれていることと思います。

努力は好きですか?

 

思わぬ障害(病気やリストラなど)で
停滞してしまうこともあります。

情熱だけでは上手くいかない理由があります。

 

そこで、努力する方法を一部ですが簡単にお話します。
(★昔、ブログで書いた内容をこちらにも掲載します)

 

努力して大変な思いをして、
成果が得られたとします。

努力が実った、努力した甲斐があるといいますね。

 

努力の過程

物事を達成して成果を得るには
どんなパターンがあるでしょうか?

1、努力して達成する
練習や試行錯誤をして達成する。

2、努力しないで楽に達成する
努力とは関係なく、もしくは最小の努力感で、
成果を得ることができることもあります。
ですが、才能やセンスの話になるので今回は省きます。

 

今回お話する努力は多くの人が思っている
1の”努力”のイメージと思ってただいて結構です。

また、努力しているかどうかは、
あくまでその人の主観でしか測ることができません。

 

努力と成果の関係グラフを作成しました

努力と比例して成果が上がるわけではない、
というのが経験上分かると思います。

1、比例

努力1

時給制のアルバイトの報酬などこのグラフに当てはまります。
仕事の質は関係なく労働した時間により報酬が決まります。

常にこのように確実に成果が出ればよいのですが・・・。

そうは上手くいかないのが人生。
しかも、いつもこうでは面白くないですね。

 

2、二次関数のようなグラフ

努力2

はじめは効率が悪く成果が得られませんが
努力次第で成果がたくさん得られます。

このパターンで能力を身につけていくケースが多いでしょう。

ですが、キレイにこうならないのも現実です。

 

 

まだ他にも違うパターンのグラフがあります。

人や状況によって当てはまるグラフが違います。

 

この関係性を知っておくだけで
うまくいかない時でも、

自分が今どの段階にいるか把握することで
必要以上に感情的にならず(←これが大事)、
次に進むきっかけになります。

 

または、これ以上進んでも時間と労力の無駄では
と考え直す機会もわかります。

結果を期待するだけでなく
筋トレ的な大変さの中でも
過程を楽しむ目線が必要です。




《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ