【覚悟する方法】粘り強さ、踏ん張る力に必要なものとは?

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、交流分析士インストラクター



メンタル的に弱っていた人が
元気になってきて

さらに心を強くしていくには、
どこかで腹をくくって踏ん張る必要があります。

【覚悟する方法】粘り強さ、踏ん張る力

根性論のように聞こえますが、
次の段階に上がるにはやっぱり必要です。

 

今までの弱い自分に抵抗する力
粘り強さ
ガッツ

ともいえます。

 

踏ん張るためには、
足場がある程度固まっていないと踏ん張れないのですが、
足場の一例として「安心感」が必要です。

何をやっても失敗しない、許される、認められる
失敗しても何とかなる、「安心感」ですね。

 

その安心感は
心理学でも自己啓発でもいいので学んだ方法でもいいですし、
自分がたくさん行動して学んだ経験や知恵が安心感にもなります。

失敗しても、
少なくともこの日本では
飢え死にすることはないでしょう。

 

人であれば、
応援してくれる身近な人がいれば安心感が持てます。
カウンセラーの場合もあります。

 

趣味や楽しみにしていることがあれば
自分に自信と安心感が持てて
踏ん張る力がアップします。

 

決して悲壮感ただよう背水の陣で
覚悟しなければならないわけではありません。




《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ