【本能寺が変】古舘さんの「トーキングヒストリー」からみる本質を見極める眼力をアップする方法


コミュニケーションの正体とは?



こんにちは。
ハートストリングスの田中孝憲です。

「カウンセリング、コーチングを活かした職場改善と、自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用しています。」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


今日はコラム的な気軽なお話ですが
最後は大切なことをお話します。

 

録画していた
古舘伊知郎さん【トーキングヒストリー】
を見ました。

 

古舘さんが
歴史上の出来事の中に登場して
新説を交えて実況する番組です。

 

前回は【忠臣蔵】
今回は【本能寺の変】でした。

【本能寺の変】といえば
日本史上最大といっていいほどの事件。

 

誰も倒せなかった信長を
内輪の光秀が倒しました。

実際に成功させたからスゴいです。

 

そんな戦国時代は
面白いとはいえ戦争です。

残虐な行為も当然ありました。

 

でも私たちは
興味をもってみることができます。

その理由は
【別世界の感覚】だから。

江戸時代以前だと
【ファンタジー感覚】にみえます。

 

三国志とか
ナポレオンとかも
そうですよね。

ギリギリ明治維新も
別世界に近い感覚かもしれません。

 

 

▼一方
おすすめ本紹介レポートでも
少し書きましたが

ヒトラー暗殺計画を題材にした
トム・クルーズ主演

映画「ワルキューレ」
実際にあった出来事です。

 

結局、暗殺は失敗に終わりますが
暗殺事件はどの国でもありました。
日本でもありました。

 

龍馬暗殺もそうですし
五一五事件とか
明治、大正、昭和初期まで。

近現代になるほど
暗い話にみえます。

 

▼歴史に【たら、れば】は禁物ですが

「もしあの時、別のことが起こったら」
想像すると面白いですね。

 

「黒幕は家康なのでは?」

「秀吉は知っていた?」

など真相はわかりません。

 

でも何が大事かというと

「なぜそうなったか?」

「なぜそうしたか?」

「動機は何?」

「どういう背景なの?」

と考察すること。

そんな考える癖がつくと物事の本質を見極める
【眼力】がアップします♪



コミュニケーションの正体とは?



レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ