記憶するときは自分で文章を作る

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、交流分析士インストラクター



勉強や仕事で覚えたいことを記憶するときは、

当てにならない自分の記憶力をグングンアップさせる
『マグネット記憶術』 ¥1,000
http://heartstrings-on.net/kioku/index.html

では、

 

自分で文章&言葉を考えてください
と言っています。

 

自分で作った文章でないから覚えられなくて、理解もしづらいわけです。

1192年 いい国作ろう鎌倉幕府

ぐらい有名ならすぐ覚えることができますが、

これが大量記憶しなければならないときや
マニアックな分野を覚えなければならないときは
自分で記憶できる文章を作らなければなりません。

なぜなら、自分が納得するイメージが一番記憶しやすいからです。

記憶術

他人が作った言葉で覚えようとしても
イメージがズレているとインパクトがなく
記憶も弱くなります。

 

例えば、
「1837年 大塩平八郎の乱」
の場合、調べてみるといくつか語呂合わせがあるのですが、
語呂合わせがあなたにしっくりイメージできるものでないといけないわけです。

だから他人が作った語呂合わせや文章では
記憶しづらくなります。

1837

大塩平八郎の乱

あなたらしさ

が連想できるように文章を作ると一発で記憶できます。

 

あなたらしく面白く記憶しやすい文章を作る方法は
『マグネット記憶術』 ¥1,000
http://heartstrings-on.net/kioku/index.html
でご説明しております。

 

以前の記事もご参照ください。
『記憶の性質「記憶術って本当に必要なの?」』
http://noryoku-up.com/kioku_seisitu/







レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ