【記憶法よくある間違い】反復して書くことは間違い


コミュニケーションの正体とは?



こんにちは。
ハートストリングスの田中孝憲です。

「カウンセリング、コーチングを活かした職場改善と、自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用しています。」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


反復して書いて覚えようとすることは間違いです。

記憶するために書いて覚えたほうがいいとよく言われますが、
ひたすら反復して書いて覚えることは間違っています。

 

反復して書くことは間違い

その理由は、
書くことに意識が集中してしまい、
書けば済むと頭で思ってしまうので記憶できません。

単に手の運動になってしまいます。
(例外として幼少~小学生のひらがな、漢字の書き取りや
外国語習得の初期段階は別です。)

 

また、
音読(声に出して読む)することも同様に
単に声に出せばいいという意識になってしまうので
記憶することとは直結していません。

音読は音で記憶することもできるので
やり方によっては有効です。

ですが、音読はもっとも効率的で効果的な方法ではありません。

 

使える方法は複数組み合わせて
使えば効率的になりますが、

記憶方法の基本が間違っていると
効率的に記憶することができません。

 

効率的に記憶するための基本を説明している
マグネット記憶術をご用意しております。

当てにならない自分の記憶力をグングンアップさせる
『マグネット記憶術』 ¥1,000
http://heartstrings-on.net/kioku/index.html



コミュニケーションの正体とは?



レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ