【記憶法よくある間違い】優等生でなければならない、は間違い


コミュニケーションの正体とは?



こんにちは。
ハートストリングスの田中孝憲です。

「カウンセリング、コーチングを活かした職場改善と、自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用しています。」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


記憶力を高めるためには
真面目に机に向かって
優等生になって勉強・仕事しなければならない
と思っていませんか?

 

そのような辛い努力は必要ありません。

記憶術を使うメリット

 

普通の生活プラスアルファぐらいの努力
継続できて効果が出やすいといえます。

 

逆に言うと、
優等生的な生活・・・早寝早起き、勉強時間を毎日3時間、食事は三度きっちりバランスよく、適度な運動

のような生活は特に必要ありません。

あなたは優等生になれますか?

 

また、求道者的な生活も必要ありません。
もちろん記憶力チャンピオンになる必要もありません。

 

勉強、仕事、日常生活に使える記憶力があればよいだけです。

 

普通の生活プラスアルファぐらいの努力と
「ある工夫」だけで
記憶力はグンッとアップします。

その「ある工夫」を
『マグネット記憶術』としてまとめてあります。

目前に迫っている試験に限らず、
生きていく上で強力な武器とります。

 

少しの努力と
「ある工夫」で
記憶力がグンッとアップする
『マグネット記憶術』を活用してみてください。

当てにならない自分の記憶力をグングンアップさせる
『マグネット記憶術』 ¥1,000
http://heartstrings-on.net/kioku/index.html



コミュニケーションの正体とは?



レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ