焦った時に効く一番の方法『丁寧にやる』


コミュニケーションの正体とは?



こんにちは。
ハートストリングスの田中孝憲です。

「カウンセリング、コーチングを活かした職場改善と、自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用しています。」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


自己理解

『丁寧にやる』

緊張して焦ったときに一番有効な方法は、

物事を一つひとつ『丁寧にやる』ことです。

 

丁寧にやることで、「今、この瞬間」の状況を把握して
「今、この瞬間」に必要なことを判断して行動にすることができます。

心理学ではよく「今、ここ」という言葉を使います。

また、「現実吟味」とも言います。

この「現実吟味」は私が好きな言葉です。
(濁点が多いよ、とツッコミたくなります)

 

「今、ここ」とは?

自分の感情や考えや行動が
「今、ここ」にふさわしいものでないと
焦ったり、緊張したりなどネガティブな感情になったりします。

 

一方ポジティブな感情でも、浮かれすぎてその場にふさわしくないときも
自分の意識の焦点が「今、ここ」にない状態です。

 

地に足がついていないフワフワした感じ、
ともいえます。

 

「今、この瞬間」を知るためには
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の
五感を使って周囲の状況を感じます。

そこに、自分の感情や考えを入れてはいけません。

 

「カレーの良い香りがしてきた。
食べたくなってきた。」

と自分の思いを表現するわけではなく、

「カレーの良い香りがしてきた。」
と感じたことだけ把握します。

 

焦っているときは
「失敗したらどうしよう」
という感情や考えを持つかもしれませんが、

 

そこで「今、ここ」を感じようとすると

自分の周りには単にモノがあったり、
隣の人は普通に仕事していたり、
遠くで車が通った音が聞こえたり、


状況だけに集中してきます。

 

すると、
安定した心になり、平常心を取り戻すことができます。

 

「今、ここ」を感じる集中力は、

弊社の『実践凡人からのハイブリッド集中力』でつくることができます。

実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術



コミュニケーションの正体とは?



レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ