考えることは重労働、筋トレと同じ

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、交流分析士インストラクター



【考えること】、重労働です。

たくさんカロリーを使います。

 

脳は基礎代謝量の20%を
消費するといわれています。

 

 

カウンセリングで
うつ傾向のある人を対応していると

ブラックコーヒーしか注文しなかったり
間食をまったくしない人が多いです。

 

 

脳のエネルギー源は
ブドウ糖しかありません。

 

脳を維持するためには
ビタミンやタンパク質なども必要ですが

脳の機能が働くためのエネルギー源は
ブドウ糖だけです。

 

 

思考の柔軟さ
ストレス耐性に影響してきます。

 

僕は
どんなに忙しい朝でも
牛乳にインスタントコーヒーと
砂糖をたっぷり入れたものを飲みます。

 

 

▼一方、子供は
経験が少ないので
感覚をたよりに生きています。

 

たくさん行動して経験すると
パターンが作られます。

そのパターンを基に
論理的思考をします。

 

だから考えるためには
基になる経験が必要です。

経験といっても他者の経験でも可能です。

 

パターンが多くなると
複雑な思考ができます。

プロ棋士がそうですね。

 

【考えること】は
筋肉と同じです。

 

疲れるし
たくさんカロリー使うし
鍛えないと向上しないので

筋トレと同じ性質です。

 

だから
【考えること】は重労働なのです。

 

ラクしてると
思考力は向上しません。

 

皆さんも
砂糖をいっぱい摂って
たくさん考えてください。




《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ