「浮かれる」のと「心から楽しむ」のは違う

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、交流分析士インストラクター



 

「浮かれてるんじゃねぇ」

そんなこと言われたことありますか?

 

物事が上手くいって
ハッピーな気分でいると
声が上ずったり
顔の表情もニヤケたりしますね。

そんなときはルンルン気分で
「浮かれている」といえるでしょう。

 

「浮かれる」というと
少し悪いイメージがありますね。

何がいけないのでしょうか?

 

 

goo辞書によると

●「浮かれる」とは?
楽しくなって心がうきうきする。おもしろさに心を奪われる。
当てもなく歩き回る。落ち着かなくなる。動揺する。
自然に浮く。浮かぶ。

とあります。

 

さらに私なりに解釈していきますと、

気持ちが良い
その場限りの刹那的な快楽
フワフワして安定感がない
周りが見えていない
トラブルが起こると対処できない

 

車の運転中に浮かれていると
周りが見えなくなってスピードも上がって
とても危険ですね。

 

80年代のバブル景気は
いかにも「浮かれている」状態でした。

 

一方、
「浮かれる」をもう少し良く進めてみると
「心から楽しむ」ということができます。

 

●「心から楽しむ」

地に足が着いて安定感があります
楽しさが持続して未来に良い影響を与えそう
トラブルが起きても冷静に対処できる
いつでも一歩引いて冷静に見ることができる

 

一瞬だけ「浮かれる」
楽しさ、気持ち良さは大切ですが、

「浮かれる」危うさに気づいて
早く「心から楽しむ」ようにしましょう。

 







レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ