やる気が出ないときは「義務感」を上手く使おう!



やる気が出ないとき

ありますよね。

 

そんなときは
「義務感」を上手く使いましょう。

「やらされ感」とは違います。

 

義務感というと
自主的ではなく消極的な感じがして
好ましくない風潮ですが

私たちの生活では
義務で行動していることが
たくさんあります。
【簡単な例】

ゴミの収集日にゴミを出さないといけません。

ゴミを溜めておくと大変なことになると
理屈で分かっていても
「面倒くさい」と思うことはよくあります。

ゴミ出しにいちいち感情や情熱を込めていたら
体が持ちません。

でも、「やる気が出ない」を理由に
ゴミを出さないわけにはいけません。

そこで「義務感」が登場するわけです。

 

 

朝、眠たくても起きて会社に出かけるのも義務感が働いています。

 

やる気や感情を込めずに
動作、手続きレベルで行動できるものであれば
義務感で行動すればよいだけです。

 

体が疲れていても「やらなきゃならない」

心も体も同時に疲れているときもあります。

 

そんなときは
やる気や感情を込めずに
「義務感」を上手く使ってみましょう♪

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ