何のために集中するか?



集中して物事に取り組む理由として、

  • 注意散漫だと失敗する
  • 効率良くこなしてムダをなくす
  • 目標達成が近くなる

などたくさん理由がありますが、
一言でいうと

二度と同じことをやりたくないから

ともいえます。

何のために集中するか?

例えば、
本を読むときなんとなく読んでいると
後になってわからなくなったとき
前に戻って読み返さないといけません。

「あぁ、しっかり読んでいれば読み返す手間と時間は不要だった」
と気づきます。

これが(私の場合ですが)意外とよくあるのです。

 

本の
【1】文章を理解すること
【2】文章の意味を前後関係を含めて理解すること
違います。

【1】は、あたかも書いてある日本語の意味だけわかる状態です。
【2】は、精読や熟読といえます。

 

ということは【1】で読んだつもりになっても本の流れを理解できていないと
後になってわからなくなり前に戻って読み返さないといけません。

だから集中して読みたいわけです。

 

結局は
二度と同じことをやりたくないから
という欲張りでムダを少なくしたいという姿勢になります。

 

文学や芸術性が高い作品のときは
必ずしもムダを少なくすることがすべてではありませんが、
それでも集中して熟読して楽しみたいですね。

 

そのためには
「今自分がやっていることは何だろう」と気づくこと
集中への第1歩になります。

 

弊社のトレーニング不要で、やる気が出なくてもOKの
『実践凡人からのハイブリッド集中力』はこちらです。

実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ