考える人、考えない人



 

難しいことを言われて

考えようとする人

考えない人

に分かれます。

 

『「考えるな、感じろ」は説明不足?』
http://noryoku-up.com/think_and_feel/
で書いたように

深くて複雑な思考ができる人
できない人に分かれてくるのです。

 

仕事や趣味の専門的知識が必要な場合は別にして、
ちょっと考えればわかること

例えば

 

待ち合わせの時間に間に合うには
何時の電車に乗るから
何時に家を出る、と考えるとか

 

遅れたら友達に迷惑かかるし
そんな自分も嫌だから朝ちゃんと起きよう、とか

ごく簡単な論理的思考(ロジカルシンキング)です。

 

明日のゴミ出しの日に出さないと
来週まで出せないな、とか

ごく簡単な予測と想像です。

 

深くて複雑な思考は
簡単な思考の組み合わせにすぎません。

でも簡単な思考を怠っていると
深くて複雑な思考ができなくなってしまいます。

 

 

考えることに慣れていないと
自分がわからないことが出てきたとき
思考がストップしやすくなります。

「何がわからないか?」もわからないので
「質問する」という発想も
なくなってしまうのです。

 

筋肉トレーニングと同じ
複雑な思考ができるように
簡単な思考を続けてみましょう!

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ